SBIいきいき少短の死亡保険はおすすめな少額短期保険(ミニ保険)なのか?SBIいきいき少短の死亡保険のメリットやデメリット、評価について考える

サイトマップ(記事一覧)はこちら

注目がますます高まる少額短期保険(ミニ保険)や共済などの保障商品

最近は、人々の保険や保障に対する考え方も少しずつ変化していて、必要最低限の保障を最小限の支出でかしこくカバーしたいという人も増えているようだ。

そのような中で注目を集めているのが少額短期保険(ミニ保険)や共済などだろう。

確かに少額短期保険(ミニ保険)や共済をうまく活用することで、最小限の出費で必要な保障をカバーすることも可能だ。

しかし、最近では少額短期保険(ミニ保険)や共済でない一般的な生命保険会社の生命保険商品であっても、競争が激しく保険料が低廉化しているだけに、どちらが得かというのはしっかりと見極める必要がでてきているとは感じるところだ。

万一のお葬式代や身の回りの身辺整理などに備えて最低限のお金をのこしてあげたい。そんな想いにこたえる少額短期保険(ミニ保険)である「SBIいきいき少短の死亡保険」

少額短期保険会社の中で、死亡保険や医療保険を扱っているのがSBIホールディングス(株)のグループ会社の1社であるSBIいきいき少短(SBIいきいき少額短期保険株式会社)だ。

SBIいきいき少短は、会社名の「いきいき」のとおり、定期購読雑誌「いきいき(現:ハルメク)」を発端とした共済会をルーツとした会社で2002年から営業を開始、2013年にはSBIホールディングスの株式取得によりSBIホールディングス(株)の傘下に収められている。

ちなみに雑誌「いきいき(現:ハルメク)」は、60歳前後以上のシニア世代女性向け定期購読雑誌だ。

こういったルーツを考えてみてもわかるとおり、子どもが手を離れたような、シニア世代と呼ばれる年齢の人が、万一のお葬式代や身の回りの身辺整理などに備えて最低限のお金をのこしてあげたいと考える、そんな想いにこたえるような保険商品(死亡保険)になっていることがわかるだろう。

それでは、SBIいきいき少短の死亡保険のメリットとデメリットについて以下では考えてみよう。

SBIいきいき少短の死亡保険のメリット

メリット1 シンプルでわかりやすい商品性(11疾病保障特約を除いては…)

このSBIいきいき少短の死亡保険のメリットの1つめは、シンプルでわかりやすい商品性(11疾病保障特約を除いては。この11疾病保障特約についてはデメリットのところで詳しく考えてみたい)にある。

この商品の特徴はと言うと、以下のようなもので、とてもシンプル・簡単なものだ。

このSBIいきいき少短の死亡保険の特徴

  • 被保険者が死亡した場合に死亡保険金を受け取ることができる死亡保険(高度障害状態に対する保障はない)。
  • 保険期間は、責任開始日から1年間。ただし、契約を解約しない限りは満89歳まで毎年自動継続される。
  • 付加できる特約は1つのみ(11疾病保障特約)。

※特約自体は、他にもインターネット申込特約やクレジットカード払特約などがあるが、それらは申し込み方法や支払い方法等に応じて自動的に付加される。

  • 保険料は5歳刻みの年齢帯別に設定されていて、加齢により年齢帯が変更になる場合、ほとんどの場合において保険料が上がる。
  • 告知あり。

一般的な定期保険等と同じであるが、シンプルで分かりやすい仕組みだろう。

メリット2 少額の死亡保障を低廉な保険料で準備することができる

メリットの2つめは、少額の死亡保障を低廉な保険料で準備することができるということだ。

少額短期保険でない、一般的な生命保険会社の定期保険の場合、死亡保障の最低保険金額は500万円ぐらいが多いだろう。

例えば、100万円ぐらいをのこしてあげたいと考えていても、一般の生命保険会社の定期保険では、最低保険金額の問題でそれができない場合もある。

しかし、その点については、このSBIいきいき少短の死亡保険であれば100万円という少額の死亡保障であっても準備して、のこしてあげることもできるだろう。

例えば、54歳の女性が100万円の死亡保障を準備する場合、保険料は月々490円で、つまりはワンコイン以下で保障を準備することができる。

少額の死亡保障を少額の保険料で準備することができる。

少額短期保険の大きなメリットだろう。

しかし、デメリットのところで詳しくは説明するが、保障内容に対する保険料は割安であるとは言えない点には注意が必要だ(高額の保障になればなるほど、割高な保険料はデメリットになってくる)。

メリット3 少額短期保険であっても付帯サービスが付く

このSBIいきいき少短の死亡保険は、少額の死亡保障を低廉な保険料で準備できる少額短期保険ではあるが、付帯サービスもしっかりと用意されている。

少額短期保険のためそのようなサービスなどはないかと思いきや、そんなこともなく、しっかりとした付帯サービスが準備されているのだ。

突然の病気やケガ、体調等の相談に医師や看護師・保健師などが24時間応じてくれる24時間無料電話健康相談やセカンドオピニオンサービス、東京の2病院での人間ドック勇退やこころのサポートなどなど、以下の付帯サービスだ。

加入者が利用できる付帯サービス

  • 24時間無料電話健康相談
  • セカンドオピニオン(ベストドクターズ・サービス)
  • 人間ドック勇退
  • こころのサポート
  • いきいき無料保険相談サービス
  • がん患者の方への支援情報提供
  • 相続サポート勇退
  • 葬儀費用勇退

※各サービスの詳細は、ホームページ等の説明を参照してください。

上記では、一部の年齢や性別では月々500円以下から保障を準備することができると書いたが、そのような低廉な保険料の保険でこれらの付帯サービスが受けられるのは評価すべきことだろう。

ただし、付帯サービスを提供する会社は私が最もおすすめするT-Pec(ティーペック)ではないところが残念だ。

しかし、このようなサービスがないよりかは、あった方がよいことは言うまでもないだろうし、この点はT-Pec(ティーペック)でなくとも大きなメリットだろうと思う。

メリット4 84歳まで申し込みが可能、かつ保障は90歳まで継続が可能

メリットの4つめは、84歳まで申し込みが可能、かつ保障は90歳まで継続が可能なことだ。

一般的な生命保険では加入が難しくなってくる70歳以上や80歳を超えても申し込みが可能なことは評価すべきだろう。

高齢になって保険に加入したいと思っても、加入できないようなときに、このSBIいきいき少短の死亡保険であれば加入できるという場合もある。

もちろん、高齢になればなるほど保険料は高額にはなるという問題は別にあるだろう。

一般的な生命保険に加入できない高齢になってまで、本当に葬儀代程度の死亡保険が必要か、という点については迷うところもあると思うが(貯蓄等では対応できないか?などの面において)、葬儀費用を目的として、のこされた家族(保険金受取人)が迅速に保険金を活用できるという点においては、そのメリットは大きいのかもしれない。

被相続人が死亡した場合、被相続人の預金は口座が閉鎖されてしまい、相続手続き完了まで預金を引き出すことができないが、保険金であれば保険金受取人は、葬儀費用などに保険金を受取人の意思で自由に使うことができるからだ。

SBIいきいき少短の死亡保険のデメリット

デメリット1 低廉な保険料ではあるが、割安な保険料ではない

このSBIいきいき少短の死亡保険のデメリットの1つめは、「低廉な保険料ではあるが、割安な保険料ではない」ということだろう。

保障額が300万円ぐらいまでであれば、年齢等によっては相当に保険料が安いように感じるだろうが、保障額が少なく年齢も若ければ保険料は安くて当然だ。

一見保険料は安く見えるかもしれないが、保障額が低いため当然のことだろう。

実際のところはネット生保等の定期保険を年限等をしっかり設計して契約した方がトータルで考えて保険料が割安になる場合が多い。

特に300万円や500万円を超えるような保障になってくると、その割安でない保険料というデメリットが悪い意味でさらに効いてくるだろう。

つまりは、100万円から300万円程度までの死亡保障をのこすのであれば、保険料もそれほど高額でないため悪くは感じないだろうが、死亡保障が400万円・500万円から900万円(最高額)の間になってくると、それなりに保険料も高くなってくるため、保険料の割高さが目立ってくる。

この場合、一般的な生命保険会社の定期保険に加入できるのであれば、割安な定期保険を別途選んだ方が保障にかかるお金を節約できるだろう。

デメリット2 5歳刻みで保険料が上がる

このSBIいきいき少短の死亡保険は、自動継続されるものの保険期間は1年の保険だ。

そのため、保険料は一定額の保険料タイプではなく、5歳刻みで保険料が上がっていくタイプの保険となっている。

男性と女性の保険料を比較すると、寿命などの面でもちろん女性の方が同じ年齢において保険料は安いものの、その女性であっても70歳を超えると保険料が急激に上昇する。

50歳や60歳代で割安な保険料に魅力を感じてこの保険に加入した人でも、70歳代以降の保険料の上昇には、何も知らない場合などは正直びっくりするかもしれない。

少額短期保険でない、一般的な保険会社の販売するような定期保険で、保険期間で10年タイプや20年タイプの定期保険であれば、その保険期間において保険料が値上がりすることはないため、そのようなネガティブな驚きはおこらないだろう。

デメリット3 シンプルな保険をシンプルでなくす「11疾病保障特約」

メリットのところにも書いたが、確かにこのSBIいきいき小短の死亡保険は商品性がシンプルでわかりやすい。

ただし、この保険のただ1つの特約(11疾病保障特約)を除いてだ。

この特約(11疾病保障特約)とは、対象となる 11 種類の疾病に罹患し、(悪性新生物以外については、所定の状態となったときや所定の手術を受けたとき)に、特約 11 疾病保険金(特約保険金)が支払われるというものだ。

支払いの対象となる疾病は次のとおりだ。

  1. 悪性新生物
  2. 急性心筋梗塞
  3. 拡張型心筋症
  4. 脳卒中
  5. 脳動脈瘤
  6. 慢性腎不全
  7. 肝硬変
  8. 糖尿病
  9. 高血圧性疾患
  10. 慢性閉塞性肺疾患
  11. リウマチ

ちなみに、悪性新生物以外の対象疾病は、発病しただけでは、保険金支払いの対象とはならない点に注意が必要で、支払いの条件については詳しく確認する必要がある。

この特約については、特にデメリットの部分がわかりにくく、全くもってシンプルとは言えない。

この特約は、悪性新生物以外の対象疾病は、発病しただけでは保険金支払いの対象とならないことに対しては相当に注意が必要で、この点を十分に理解しておかないと、万一それらの疾病にかかってしまっても、すぐに保険金が支払われるものだと勘違いしてしまう可能性もある。

支払いの条件については、契約概要等にて確認ができるが、一読する限り条件は厳しそうで、それらの疾病に罹患しても保険金が支払われないことも大いにあるだろう。

また、この特約保険金の支払い回数は1回のみで、特約保険金が支払われた場合、この特約が消滅していまうことについても注意が必要だろう。

この点については、ホームページの該当箇所で十分に説明がないため、契約概要などを細かく読まないとわからない部分かもしれない。

11疾病保障特約は付加すべきか?

上記のようなことを考えてみると、あえてこの特約を付加しておいた方が理由というのは個人的には見当たらないような気もするところだ。

支払い条件も厳しく複雑で、支払われる可能性がわからないくらいのものであり、なおかつ保障もそれほど手厚いものではないことを考えると、あまりおすすめできる特約とは言えないのかもしれない。

デメリット4 生命保険料控除の対象とならない

これについては、この商品に限ったことではない。

しかし、少額短期保険の保険料は所得税法上の生命保険、または損害保険料控除の対象とはならないことには注意が必要だ。

少額短期保険でない、一般的な生命保険であれば、生命保険料控除の対象となるため、保険料が割安な定期保険などがあれば、割安な保険料分以外の税制上のメリットがある場合もあるだろう。

このSBIいきいき少短の死亡保険において、300万円を超えるような高額な契約への加入はおすすめできないと考えているが、こういった税制上のデメリットもその理由の1つだ。

SBIいきいき少短の死亡保険の評価すると

基本、SBIいきいき少短の死亡保険については、万人にすすめられる割安な保険というわけではないと考える。

一般的に割安とされる保険会社の定期保険と比較すると保険料は割高なように思える。

業績情報などを見ていると、とても健全で、財務状況的に安心でよい面もある(ソルベンシー・マージン比率は平成27年度末時点で3691.5%もある)。

しかし、裏を返せば、保険会社側にとって有利な商品設計で利益を多くとっているとも言え、支払う保険料コストに見合った保障が消費者側が得られていないとも言えるのかもしれないとも思える。

年齢や加入条件等の都合によりこの保険しか契約できないような場合があれば仕方がないが、その他の一般的な生命保険会社の定期保険を申し込めるような場合であれば、割安なそれらを選択した方がよい場合が多いだろう。

上で書いたように生命保険料控除で税制上のメリットもあるような人であれば、保険料の割安さ以上のメリットもあるだろう。

しかし、それらの保険に加入できない何らかの事情(年齢・保険金額等)がある場合で、どうしても自分の万一に備えて準備しておきたいと考えるような場合は有効な保険だと思う。

そういった意味では、まず一般的な生命保険会社で、割安な定期保険から検討すべきだろうと思う。

それらが契約できないことが判明した場合、このSBIいきいき少短の死亡保険に加入できるかを考えてみてもよいだろう。

また、死亡保障の保障額(保険金)は最低限程度にとどめておくべきだ。必要最低限の保障を考えるべきだ。

そういったことから、少額短期保険などの本来の性質等を考えても死亡保障額は300万円程度までが妥当なところだろう。

(現在では、法令の定める経過措置により、2018年3月31日までに責任開始している保険契約に限り、引受限度額が900万円となっている。本来の引受限度額は300万円だ。)

シニア世代の女性向けにしっかりと考えられた死亡保険ではあるが…

このSBIいきいき少短の死亡保険という商品自体は、「いきいき(現:ハルメク)」という60歳前後以上のシニア世代女性向け定期購読雑誌がルーツの少額短期保険だけに、それらの世代を中心に考えられた商品設計になっているといえる。

また、それらの世代がより高齢になっていく中で、高齢になっても保障に加入できる商品を作っている点等はそれなりに評価できる。

しかし、実際の加入にあたっては、上記のような点をふまえた上で加入(契約)するとよいだろう。




サイトマップ(記事一覧)はこちら